日本模擬国連 関西事務局

JMUN Kansai Administration

模擬国連とは


 模擬国連とは、環境や紛争、人権などの問題を議論する国際会議をシミュレーションする活動です。一人一人が「大使(Delegate,デリ)」を担当し、各国の立場から国際問題について議論します。


 はじめに、会議の前に〔問題の原因〕〔解決策〕〔自国の利益/不利益〕など、一つの国際問題をあらゆる角度から考察します。

 模擬国連の「会議」では、世界中にむけた〔演説〕や多数の大使との〔議論〕、対面での〔交渉〕などによって、会議の成果でもある決議案を作り上げていきます。会議の終盤では、大使は自国の立場に沿って〔投票〕を行い、過半数の賛成を得た決議案を決議として〔採択〕します。

 一見すると単なる国際会議の真似事に見えるかもしれませんが、投票の最後の瞬間までアイデアと駆け引きに満ちた複雑なプロセスがあります。1つの問題に真摯に向き合い、他者と真剣に議論する濃密な時間は、一個人の視野を広げるまたとない機会となることでしょう。


 模擬国連では、国際問題・国際社会に関する知識はもちろんのこと、勉強会や会議を通して物事を論理的に考える力や人前で意見を述べる力、相手の立場や主張をしっかりと理解する力を身につけることができます。

 また、さまざまな考えを発信できる全国の優れた仲間たちが、模擬国連会議に集います。彼らとの出会いもまた、模擬国連の大きな魅力です。

活動内容


 日本模擬国連は通常、研究会・支部レベルで通活を行っています。

 通活では、国際会議を模擬する際に取り扱う問題を「議題」として決定し、それについての理解を深めるための勉強会・模擬国連会議を行います。会議のあとには反省(レビュー)を行い、会議の成果を振り返ります。

 日本模擬国連には通活以外にも、日本模擬国連が主催・協力する事業や事務局が主催する企画・イベントがあり、研究会・支部の枠を超えた交流も盛んに行われています。下図が日本模擬国連の組織図です。


 日本模擬国連の組織図はこちらです。