日本模擬国連 関西事務局

JMUN Kansai Administration

関西事務局とは


 日本模擬国連関西事務局は、日本模擬国連(Japan Model United Nations : JMUN)に所属している模擬国連団体のうち、西日本にある京都研究会・神戸研究会の2研究会、九州支部・名古屋支部・北陸支部の3支部を統括し、会員の交流及び運営面での連携を目的としています。


 日本模擬国連の組織図

2020年コンセプト ~芯・義・泰~


 関西事務局の行動に「会員と模擬国連を豊かにする」という芯がなければ、それだけで関西事務局の存在意義が揺らいでしまいます。これを決して忘れぬよう、はじめに〔〕を掲げました。

 また、会員や模擬国連にとって良いコトをするためには関西事務局自体が良い存在でなくてはなりません。そこで、会員や模擬国連に信義としてそれを示すために〔〕を掲げました。

 最後に、「豊か」や「安らか」という意味を持つことから、常にゆとりをもち、関西事務局を通して広く会員や模擬国連を豊かにするということを目指すために〔〕を掲げました。

事務局長あいさつ


 2020年日本模擬国連関西事務局長を務めます高橋伸宜と申します。

 私は高校の頃に模擬国連に出会いました。初めての会議では「Motion!(発議する)」という最低限の知識すらない中で、拙いながらに調べ考えたことを発揮しようと足掻いていました。そんな時に楽しいと思えたからこそ、私は大学でも模擬国連を選びました。

 大学生になると、高校生などと比べて遥かに多くの「自由」や「楽しさ」に出会えます。そんな中で、模擬国連という敷居も高く、入会後も挫折や後悔を味わう活動を続けることは難しいかもしれません。しかし、一生懸命になれる場があり、競い合える仲間がおり、目標となる先輩がいる環境で全力を出すことで何事にも代え難い「楽しさ」を得られるのではないでしょうか。その楽しさに気付き、模擬国連を好きになってもらえるよう、誠心誠意努力いたします。一年間、宜しくお願い申し上げます。

2020年日本模擬国連関西事務局長 高橋伸宜