日本模擬国連 関西事務局

JMUN Kansai Administration

よくある質問

Q. 模擬国連とはどんな活動をする団体?
A. 模擬国連とは各々が一国の大使に扮して、国連をはじめとする国際会議をシミュレート(模擬)する活動です。模擬国連は各々が一国の大使を任され、特定の議題について担当国の政策や歴史、外交関係などに照らし合わせて、実際の国際会議と同じように議論、交渉し、決議案という成果文書を採択することを目的としています。
会議によっては二人以上で一国を担当する場合や、決議を採択することを目的としない会議、WTOなど国連以外の国際機関での会議、国際連盟の時代や冷戦の頃などの歴史上の会議をシミュレートすることもあります。
Q. 「会議」は英語でやるの?
A. 通常、日本国内で行われる会議では、会議の議事進行を英語、各国大使(参加者)の使用言語は日本語と使い分けていますが、会議によっては、成果文書である「決議」や「公式討議」と呼ばれるスピーチが英語によって行われる場合もあります。
英語が得意な方には、全国大会等で設置される英語会議や、NYにある国連本部へ実際に行き世界の大学生と会議をするプログラム(全米団やWMUNなどの世界大会)にて、その語学力を活用する機会があります。
Q. 法学や国際関係の知識がないと難しい?
A. 大丈夫です。「会議」の前には勉強会を開き、最低限必要な知識を参加者全員が身に着けてから会議に臨みます。
Q. どの学部の人が多く集まっているの?
A. 会員には国際系や法学・政治学系の学部に所属する学生が多いのですが、文理学科を問わず様々な学生が集まっています。会員の持つ多様性も、この組織の魅力の1つです。
Q. 模擬国連をやってみたい。どうすれば?
A. 日本国内で行われている主要な模擬国連活動は、全国で毎週行われている「研究会」や「支部」でのサークル活動に参加したり、日本模擬国連が主催・協力している全国大会に参加することで模擬国連活動に参加することができます。

詳しくは各研究会・支部もしくは関西事務局までお問い合わせください。